マウント

ジャンル別しつけ法

 

マウントとは、成犬のオス犬に見られる、犬の性行為のことです。人間の足に抱きついて、腰を振ってみたり、ときには、枕などにも行うことがあります。

 

 

 性的衝動による行動は犬にとって自然な行動なので、ほったらかしの飼い主の方が大半だと思います。

 

 ただオス犬の場合は、他の犬への攻撃したりと、家族だけでなく他人にも迷惑をかけるケースもありますから、飼い主によるコントロールは必要です。

 

 単純な行動であれば、慎重にトレーニングを繰り返すことで直ることがほとんどです。

 

 しかし、性ホルモンが原因で、どうしても矯正できないなら、去勢という方法をとらざるを得ない場合もあるでしょう。  

 

 ① 家族に対するマウント  

 

 発情期にメス犬に出会ったオス犬は、家に戻ってから、家族に対してマウントしようとする場合があります。

 

 厳しく叱りつけることはありませんが、その行為が家族を困らせているのだということはわからせなければなりません。

 

 見境のないマウント行為は許されるものではないと、しっかりしつけておきましょう。

 

 また、肉体的精神的に満たされていない場合、マウント行為を行ってしまう犬もいます。

 

 十分に運動させれば自然におさまってしまう場合もありますから、日常の生活パターンを見直して散歩の時間を長くするなどの工夫もしてみましょう。

 

 ② ものに対するマウント 

 

 他の犬や家族にマウントが許されない場合、クッションや衣服で代用する場合があります。

 

 こういった場合は、マウントする場所ではないことを教えるために、マウントした際に、「離れなさい」と声をかけ、足元に空き缶など投げて音が出るもので犬を離しましょう。

 

 離れる行為が、いい事だと分からすために、すぐ離れたらおおいにほめてあげましょう。 

 

 ③ 来客へのマウント  

 

 家族やものにマウントが許されないと理解した犬でも、来客に対して行動を起こすことがあります。甘えの表現である場合もありますが、来客に不快な思いをさせないためにも毅然とした態度でしつけ直しましょう。 

 

 また、犬を刺激しないために、来客にもスキンシップを控えてもらうようにお願いしておきましょう。

ジャンル別しつけ法


    PAGE TOP