警察犬

社会で活躍する犬たち

 

 警察犬は、犯罪捜査活動で活躍しています。その姿は、新聞やテレビなども報道されているので、ご存知の方も多いのではないかと思います。

 

 仕事は、現場に残された犯人の遺留品のにおいを追うことです。犯人が落としたものや、身元が分かるものを発見すると、それが犯人逮捕の手がかりになります。  

 

 また、行方不明者の捜索にも活躍しています。  

 

 警察犬には、現在、シェパード、エアデール・テリア、ボクサー、コリー、ドーベルマン、ラブラドール、ゴールデンの7犬種が認定されています。

 

 警察犬は、民間の訓練所で訓練を受けた嘱託犬と、各警察の訓練所で訓練を受けた直轄犬とに分けられます。現在活躍中の警察犬の約90%が、嘱託犬です。  

 

 直轄犬の場合、訓練士は警察官が務めます。警察犬を扱うのは、主に鑑識課になります。

社会で活躍する犬たち


    PAGE TOP