獣医師

ペットにかかわる仕事

 

 動物のお医者さん、獣医師はさまざまな動物を扱います。犬や猫、ハムスター、ウサギなどの小動物から牛、馬などの畜産物まで多岐に渡っています。

 

 そのうえ、外科も内科も、オールマイティーな技術を求められます。臨床医療だけでなく、ドッグフードや薬の開発、衛生保険業務など、職種も幅広くあります。  

 

 獣医師になるには、大学の獣医学科で正規の課程を修めて卒業する必要があります。獣医学科の課程は、6年制です。  

 

 それから、獣医師国家試験を受けることになります。  

 

 国家試験に合格しただけでは、獣医師の資格は得られません。合格したら、農林水産省に免許の交付申請の手続きを行います。  

 

 獣医師名簿に登録され、農林水産大臣による獣医師免許証を取得します。  

 

 このように、長い過程を経て、獣医師になれます。

ペットにかかわる仕事


    PAGE TOP