ペットシッター

ペットにかかわる仕事

 

 ペットシッターとは、飼い主が仕事や旅行、病気などで不在のときに、ペットの世話をする仕事です。

 

 近年の高齢化に伴って、ペットシッターの需要は高まりつつあります。

 

 仕事時間は、一回に一時間が基本です。

 

 仕事内容は、飼い主との充分な打ち合わせから始まります。性格、餌を与える時間や、病歴、かかりつけの病院など、ペットについての詳細を聞いておきます。  

 

 犬の場合は、餌の用意、トイレの世話、散歩などを引き受けます。猫の場合は、散歩はないので、遊び相手になったりします。  

 

 この他にも、年をとったペットの介護や、室内の空調の管理をしたりと幅広いケアもします。

 

 ペットシッターの仕事は、信頼を得ることが第一です。

 

 飼い主が不在の場合は、家の鍵を預かることになる場合が多いですし、信頼のおける人にしか愛犬の世話は頼まないからです。  

 

 また、万が一ペットにケガでもさせてしまったら、責任をとらなければなりません。何かあったときには、臨機応変に対処できる能力も求められます。

ペットにかかわる仕事


    PAGE TOP