犬種別-かかりやすい病気 ①小型犬

病気の種類

 

 小型犬は、水頭症、膝蓋骨の脱臼が多いのが特徴です。また、老齢になったら歯肉炎、心臓疾患に注意が必要です。

 

① シー・ズー

 

 目が大きいため、角膜炎などの目の病気が多いです。喉頭、呼吸器疾患、皮膚が脂っぽくなる脂漏性の皮膚病になりやすい犬もいます。

 

② チワワ

 

 呼吸器疾患、眼疾患のほか、先天性の脳神経疾患になりやすい傾向にあります。

 

③ マルチーズ

 

 老犬になると心臓病を起こしやすい傾向にあります。散歩など運動しているときに咳が出るようだと要注意です。外耳炎にも気をつけましょう。

 

④ ヨークシャー・テリア

 

 アレルギーや膿皮症などの皮膚病になるケースが多いのが特徴です。目の周りの被毛が結膜炎の原因になる場合もあります。歯周病にも注意しましょう。

病気の種類


    PAGE TOP