肛門嚢(のう)炎

病気の種類

 

 愛犬が頻繁に地面におしりをこすりつけるような仕草をみせたら、肛門嚢炎の恐れがあります。肛門をチェックしてみましょう。

 

 肛門嚢(のう)は、肛門の両側にある袋状の小さな嚢のことで、においの分泌物をつくり便ににおいをつける役割を果たしています。スカンクのように、恐怖や危険を感じるとにおいを排出する犬もいます。  

 

 軽症のうちは、おしりを地面にこすりつけたり、頻繁になめたりします。重症になると肛門嚢が腫れたり、破けたりします。さらに細菌に感染すると化膿して、出血などの症状が見られます。  

 

 治療法としては、肛門嚢を指で絞って分泌物を出します。化膿していたら、抗生物質を使用することもあります。再発を繰り返すようでしたら、摘出手術が必要になります。  

 

 肛門嚢の絞りかたは、肛門の両側の4時と8時の方向にある肛門嚢を左右から指で押して絞ります。自分でできない場合は、病院やトリミングに行ったときにやってもらいましょう。

病気の種類


    PAGE TOP