外耳炎

病気の種類

 

 耳のたれている犬は、とくに外耳炎に要注意です。かゆがったり、しきりに頭を振ったり、においがするなどの症状が見られます。

 

 外耳炎は、生まれ持った体質が原因で発症することが多く、完治が難しい病気です。一度かかったら、再発しないように、こまめに掃除するようにします。

 

 

 痛がるようだと、細菌に感染している可能性があります。すぐに病院に連れていきましょう。

 

 外耳炎を防ぐには、こまめに掃除をするしかありません。

 

 普段のケアは、液状の耳クリーナーを使います。週に一回ぐらい掃除するのが理想的です。

 

 やり方としては、クリーナーを数滴たらし、耳垢が浮いてきたら清潔なタオルやガーゼなどでふき取ります。

 

 このとき、綿棒は使うのはやめましょう。綿棒を奥まで入れると、炎症を悪化させるだけでなく、汚れを奥に押し込めてしまう恐れもあります。

 

 このように普段から耳の中を清潔にしてあげれば、病気を未然に防ぐことができます。

病気の種類


    PAGE TOP