老犬を世話するときの心構え

老犬の飼い方

 

 老齢期を迎えても、前向きに生きていくためには、飼い主のサポートが必要です。飼い主のサポートとは、犬の気持ちを考えた世話をすることです。

 

 犬は、老化期を迎えると食欲や排泄、歩き方などさまざまな変化がみられます。飼い主は、こういった老化のサインを見逃さず、見つけても慌てずに対処するよう心掛けましょう。  

 

 老犬は、普段できていたことが徐々に出来なくなって、ストレスを感じています。ですので、飼い主は犬の自尊心を傷つけずに見守ることが大切です。  

 

 具体的には、こまめに声をかけてやったり、散歩や食事など犬の年齢に合わせた生活をすることです。

 

 そのためには、かかりつけの病院の獣医師に相談したり、本を読んだり、老犬を飼っている人に聞いたりして知識を深めるなどの努力も必要でしょう。  

 

 また、「昔はあんなこともしていたのに、できなくなってかわいそう」と否定的にとらえるのではなく、「老犬になってからの方がおっとりしてかわいくなったな」と切り替えることで、ペットライフを楽しみましょう。

老犬の飼い方


    PAGE TOP