ペットロスを乗り越えよう

老犬の飼い方

 

 ペットを飼う以上、必ず、別れの時はやってきます。つまり、飼い主にとって、ペットロスは避けて通れない問題です。

 

犬を亡くしたら、まずは、悲しみを受け入れましょう。

 

 ペットが死んで落ち込むのは、当たり前のことです。我慢せずに、悲しければ泣いたほうがいいのです。  

 

 泣いたり、怒ったり、自分を責めたりしながら心が成長し、その悲しみを受け入れ、そして乗り越えることができるのです。  

 

 そもそもペットを飼い始めた時点で、最後まで面倒を見るという責任を、飼い主は自覚しなければなりません。人間と犬では、寿命が違うのですから、飼い主よりも先に亡くなるのは当たり前のことなのです。  

 

 そのときを迎えたら、犬がいたおかげで楽しい日々が過ごせたという感謝の気持ちを持つように心がけましょう。  

 

 とくに飼い主の老後に、犬を亡くすとショックが大きいようです。

 

 こういった場合の、一番の対処法は、犬を亡くしたら、すぐにまた違う犬を飼いはじめることです。犬を失ったショックを、また違う新しい命によって覆ってしまうのです。  

 

 または、ペットロスに不安を感じたら、老犬を飼いつつ、新しく子犬を飼い始めることもオススメです。

 

 犬を亡くした人がいたら、ぜひまた違う犬を飼うようにすすめてみましょう。

 

 また、ペットロスを支援するボランティア団体もあるので、ペットを亡くしたショックがとれない人は、頼ってみましょう。

老犬の飼い方


    PAGE TOP