埋葬方法

老犬の飼い方

 

 愛犬が亡くなってしまったら、生前の感謝の意味もこめて、手厚く葬ってあげたいものです。ペットの埋葬はいろいろありますが、どの方法を選ぶかは、飼い主によってさまざまです。

 

 幸運なことに、わが国にはペットブームの影響もあり、各地に多くのペット霊園が存在し、いわゆる「お墓」を探すことは、そんなに大変なことではありません。  

 

 通常、動物病院は、ペット霊園やペットの葬儀を行う組織に関する情報を持っているので、かかりつけの病院に相談してみるのが、一番早いでしょう。  

 

 また、電話帳にはその地域のペット霊園が必ず載っていますし、インターネットで検索することもできます。火葬方法や料金なども各霊園によって異なるので、事前に確かめてみましょう。  

 

 火葬、埋葬については、合同、個別、立会いなどいくつかの異なる方法が用意されています。

 

 多くの霊園は、「合同慰霊碑」を設けていますが、これは火葬、供養ともにほかのペットたちと合同ということになります。  

 

 この場合、遺骨もほかの動物たちと一緒に合同慰霊碑に納められます。遺骨を手元に置きたい、個別のお墓あるいは納骨堂に納めたいと考えている人は、個別火葬を選ぶ必要があります。  

 

 この場合も、飼い主が火葬に立ち会い、遺骨も自分で拾うという方法、すべて霊園側に任せ、後日遺骨を取りに行く方法、自宅に届けてもらう方法などいくつか選択肢があります。  

 

 この他に、自宅の庭に埋葬する場合もありますが、かなり深い穴を掘る必要があり、思ったより、重労働になります。

 

 最近の住宅事情を考えると、都市部では避けたほうがいいでしょう。埋めるのであれば、遺骨を埋めたほうが、よっぽど手間ははぶけます。

老犬の飼い方


    PAGE TOP