偽妊娠

妊娠と出産

 

 人間も想像妊娠することはありますが、犬も実際に妊娠していないにも関わらず妊娠したように体が変化する場合があります。

 

犬の場合、交配をしていなくても発情が終わった後(約1~2ヵ月後)に偽妊娠が見られることがあります。 

  

 犬の偽妊娠は、妊娠したときのようにホルモンが分泌されるため、実際に乳腺がはれてきたりするなど妊娠の兆候が見られます。偽妊娠は、獣医師でも判断するのが難しいそうで超音波検査やレントゲン検査で判定します。

  

 偽妊娠の症状は、たいていの場合は発情期が終われば自然に消えます。ただし、乳腺や陰部がをもったり、異常行動が見られるときは治療が必要な場合もあるので早めに獣医師の診察を受けましょう。

妊娠と出産


    PAGE TOP