犬のバッチフラワーレメディー

健康管理

 

 バッチフラワーレメディーとは、イギリスの細菌学者であり、病理学者でもあったエドワード・バッチ博士が1936年に完成させた、心のバランスを取り戻すための療法です。

 

 いろいろな種類の花の中から、目的に合ったエッセンスを水に入れて飲むことで心を癒します。

 

 ちなみに、バッチフラワーレメディーに香りはありません。   

 

 アロマセラピーと似ていますが、根本的に違うところがあります。アロマのエッセンシャルオイルは、化学成分でできていますが、バッチフラワーレメディーには、化学成分は入っていません。  

 

 水に花を浮かべて太陽に当てる方法と、お湯で煮る方法の2通りのやり方で作られます。

 

 レメディーの入ったボトルも市販されいて、数種類を配合して飲みます。 

 

 全く副作用もなく、無害なので、病気のときでも妊娠中のときでも使えます。ですから、獣医から処方された薬を飲んでいるときでも問題ありません。  

 

 また、選び方を間違っても、ただ効果がないだけで、悪い作用があることもありません。  

 

 犬と飼い主の両方が試してみてもいいでしょう。  

 

 例えば、犬が亡くなったときなどは、飼い主だけでなく、多頭飼いの場合、犬も傷ついています。このようなとき、残された犬と飼い主にとってバッチフラワーレメディーが役に立つと思います。

健康管理


    PAGE TOP