排泄物で健康チェック

健康管理

 

 犬の健康をチェックするうえで、排泄物はたいへん参考になります。毎日、排泄物をチェックして愛犬の病気を防ぎましょう。

 

こんなウンチに注意! 

 

① いつもより柔らかい  

 

 胃腸の調子が悪い、ドッグフードの量が多いときに、ウンチが柔らかくなります。また、下痢が始まるときに見られる傾向です。

 

② 下痢 

 

 腐ったものや、消化の悪いものを与えたときになります。下痢が続くようなら、胃腸炎の可能性もあります。また、寄生虫や内臓疾患、伝染病の疑いもあります。  

 

③ いつもより硬い  

 

 ドッグフードの量が少ない、または水分が少ないなど便秘の原因が考えられます。牛皮ガムの食べ過ぎでも硬くなります。  

 

④ いつもより白い 

 

 胆汁が出ていない可能性があります。すぐに病院に連れていきましょう。

 

⑤ 形が異常    

 

 骨盤が変形して、腸が狭くなってくるとウンチの形が平らになったり、細くなったりします。このようなウンチが出たら、骨盤の骨折、もしくは腫瘍、前立腺肥大の可能性があります。

 

 ⑥ くさい   

 

 肉などの動物性タンパク質の多い食事は、ウンチをくさくします。とくに心配する必要はありませんが、においが気になるようでしたら、食事内容を見直しましょう。  

 

⑦ 粘液が混じっている  

 

 慣れない食事やストレスなどの影響で、胃腸に負担がかかっている可能性があります。

 

⑧ 鮮血が混じっている  

 

 大腸や直腸、肛門に傷があると真っ赤な血のついたウンチをすることがあります。大腸炎や感染症、腫瘍などの疑いがあります。なるべく早く病院に連れていきましょう。  

 

⑨ 排泄の回数が増える  

 

 一日に1~3回程度が正常です。それ以上だったら、食べすぎや胃腸炎が考えられます。

 

⑩ 便秘 

 

 運動不足や胃腸機能の低下、通過障害をおこす病気の存在が考えられます。便秘は、体調を崩すもとになるので、3日以上便秘が続く場合は、動物病院に連れていきましょう。

健康管理


    PAGE TOP