応急手当 ③骨折、脱臼

健康管理

 

 骨折や脱臼の手当といえば、固定するというのが目的です。でも、応急手当では、折れた箇所や外れた関節を元に戻してはいけません。

 

 あくまで、その状態のままで固定することが重要です。患部を何かにぶつけたりしないように、保護するのが目的です。  

 

 シッポの骨折の固定は、技術的に難しいので、そのままにして病院に行きましょう。

 

《 飼い主の注意点  》 

 

 かまれないように注意する

 

 強い痛みで、犬はパニック状態になります。

 

 噛むこともあるので、厚手の服や皮手袋で飼い主の安全確保を万全にしましょう。噛んでも、叱ったりしないようにしましょう。

 

 場合によっては、包帯で口輪を作ります。輪を作って鼻のつけ根に巻き、アゴにまわして首の後ろで結びます。    

 

 傷があれば、その部分にパッドなどを押し当ててから固定します。

 

《 手当のやり方 》 

 

 骨折部の保護   

 

 脚の固定     

 

 タオルを折りたたんで巻き、新聞紙やボール紙、エアキャップなどをして、テープで止めます。

 

 肋骨の固定    

 

 幅広の伸縮包帯(なければシーツ)を、ややきつめに巻きます。歯ぐきや舌が白くショック症状にあるときは、固定しないようにします。病院に行くときは抱き上げたりせずに、毛布でくるんで持ち上げます。   

 

 背骨の保護   

 

 固定は出来ないので、背骨を動かさないように肩と腰を慎重に支えて病院に行きます。

 

 に乗せるのがベストですが、毛布でも代用できます。ただし、背骨を動かさないように注意しましょう。

健康管理


    PAGE TOP