ダイエット法 ③食事法

健康管理

 

 飼い主がよく言うのは、「ドッグフードしかあげてないのに太った」というセリフです。ところが、実際に調べてみると、意外なことが分かります。

 

 その原因は、おやつです。

 

 本人はもちろん、家族がそれぞれ一口ずつ与えているといった例がよくあります。これに何かのごほうびが加わると、そのカロリー量はかなりのものになります。  

 

 まず、家族みんなが何をどのくらいやっていたかチェックし、総カロリーを計算しましょう。そのうえで、何をどのくらい減らせばいいかを計算してみましょう。  

 

 空腹をまぎらわせるために食事の回数を増やしましょう。1回を2回、2回を3回に変えるだけでも、満足感はかなり違ってきます。

 

 一日の食事量は同じでも、空腹の時間は短くなるので、食べること自体でもカロリーは消費されてきます。 

 

 また、食事の量を多く見せるのも効果的です。その場合には、カロリーの低いものを混ぜます。おから、豆腐、ゆでたササミなどです。ただし、その分のカロリーも計算します。

 

 この他に、空腹感を補う方法としては、キャベツやサツマイモ、カボチャといった繊維質の多い野菜を与えるのがいいようです。  

 

 かなりのボリューム感がでて、犬も満腹感を感じて満足します。

 

 ただし、生のまま与えるのではなく、蒸したり、ゆでたりしたものを食べやすく小さくカットして、フードに混ぜてあげましょう。

健康管理


    PAGE TOP