応急手当 ①まずは状態をチェック

健康管理

 

 応急措置をするのと、しないのとではその後の回復にかなりの差がついてきます。また、応急措置次第では命を救えることもあります。

 

 応急手当は、緊急時の「とりあえず」の処置です。診察と診療は、獣医師にまかせましょう。

 

 さて、緊急時に飼い主ができることは、何でしょうか?  

 

 それは、まずは犬の状態チェックです。

 

 次に、症状やケガがこれ以上悪化しないように処置することです。

 

 「手当」というと、二番目の処置のことを思い浮べますが、なにより大事なのは最初のチェックです。

 

 これが的確にできれば、痛みや苦痛をやわらげるだけでなく、治療や回復の大きな助けになります。 

 

 手当をする際には、犬は、痛みや恐怖から噛むことがあるので注意しましょう。

 

 感電のように、いきなり手を触れてはいけないケースもあります。

 

 ケガや骨折、火傷など目に見える症状や、暴れていたり痙攣していないか見てください。

 

 嘔吐があるときは、のどにつまらないように頭部を低くして、必ず顔を横に向けて寝かせます。その後、すぐに病院に連れて行きます。

 

 飼い主だけで何ができるか、とりあえず電話で先生に助言をもらって、何ができそうかを判断しましょう。

健康管理


    PAGE TOP