健康のチェックポイント

健康管理

 

 「いつもと様子が違う」と、犬の病気に最初に気づくのは飼い主です。

 

 犬は、少し調子が悪いというくらいでは、見た目は元気にしています。だれが見てもおかしいと感じたときには、すでにかなり病気が進行しています。

 

 手遅れにしないために、次のような症状に気づいたら、早めに病院でみてもらいましょう。犬の病気の早期発見は、飼い主の役目です。 

 

 以下のような症状が出たら、注意しましょう。 

 

① 目   

 

 目をしょぼしょぼさせている   

 

 目の周囲が赤い  

 

 目やに、涙がでている  

 

 目の色が変わって見える  

 

 目を気にして前足でかいたり、周囲をこすりつけたりする 

 

② 鼻   

 

 くしゃみをする   

 

 鼻汁がでる  

 

 鼻のまわりが汚れている  

 

 健康な犬でも眠りから覚めたばかりのときや、老犬の場合や、鼻が乾いていることがあります。湿っているから安心とは限りません。

 

③ 口  

 

 歯肉がただれている  

 

 歯石がついている   

 

 口の中に何かできている  

 

 よだれが多い  

 

 口の周囲が汚れる   

 

 健康な歯ぐきはピンク色です。不潔なにおいがしたり、異常に赤かったり、反対に白っぽく見えるのは、何らかの病気のサインです。  

 

④ 耳  

 

 耳を気にして振る、かく   

 

 頭をかしげる   

 

 嫌なにおいがする   

 

 赤くはれている   

 

 不潔な分泌物が見える

 

⑤ 毛づやと肌   

 

 毛がパサつく、毛切れする   

 

 異常な脱毛  

 

 ふけが多い  

 

 異常にかゆがる  

 

 皮膚の色が変わる   

 

 変わった体臭がある

 

⑥ 便   

 

 軟便や下痢  

 

 色やにおいが違う   

 

 粘液や血液がついている   

 

 排便の回数が多い   

 

 毎日、同じ食事を与えていると便はいつも同じです。便は体調のバロメーターです。 

 

⑦ 排便   

 

 赤い尿、濃い尿  

 

 薄くて大量の尿  

 

 足を上げいるが出ていない  

 

 何回もトイレに行く  

 

 排尿の最後に血尿      

 

 排尿時に痛そうにする、尿の出口を気にする  

 

⑧ せき   

 

 軽いせきや深いせきが出る   

 

 運動したときにせきが出る   

 

 夜になるとせきが出る   

 

 吠えたり騒いだりするとせきが出る   

 

 軽いのどの炎症程度から、肺や心臓などの病気まで多くの病気を示しています。

健康管理


    PAGE TOP