ペットに関する苦情

集合住宅でのしつけとマナー

 

 様々な人が住むマンションで犬を飼うのであれば、動物嫌いな人に迷惑をかけないように、心がけたいものです。ここでは、どんなことがトラブルの原因になるのか見ていきます。

 

 ① 犬のなき声

 

 飼い主にとっては、当たり前のことかもしれませんが、動物嫌いの人にとっては、とても大きなストレスになります。 また、動物嫌いでなくても、過剰な犬のなき声は嫌なものです。

 

 無駄吠えをしないように、しっかりとしつけましょう。

 

② 共有スペースでの排泄

 

 住民の皆さんに迷惑がかかることも、もちろんですが快適なマンションライフを望んでいる人の気分をも害してしまいます。共有スペースは、野外トイレではありませんので注意しましょう。

 

③ 毛が飛んで洗濯物につく

 

 ベランダは外だからといって、ブラッシングするのはマナー違反です。こういったことも、飼い主の責任になります。とくに、アレルギーを持っている人には、過大な迷惑がかかります。 

 

④ くさい

 

 動物がいるのだから、多少臭っても仕方がないという意識では、飼い主の責任感不足です。

 

 マンションの構造によっては、室内のにおいが、いつの間にかどこかの部屋に侵入する可能性があります。掃除は、こまめにやりましょう。

集合住宅でのしつけとマナー


    PAGE TOP