旅行 ⑧ 旅先で利用できる乗り物

しつけの応用編

 

 旅先では、その土地にしかない乗り物に、犬と一緒に乗ってみるのも楽しいものです。例えば、ロープウェイケーブルカーリフトシャトルバスなど様々な乗り物があります。

 

 これらの乗り物は、その土地柄や乗客の混雑の具合によって、犬の同伴の可、不可が決まってきます。

 

 利用したいときは、なるべく混雑時を避け、事前に担当者に確認をとっておきましょう。

 

 また、事前の問い合わせではOKでも、当日の担当者が変わっていたり、混雑した場合は、断られることもあるので窓口で再度確認をしておいたほうがいいでしょう。

 

 安全に乗り物を利用するには、犬の姿がよく見えて、ゆっくり動き、時間の短い乗り物から始めることがポイントです

 

 乗り物の中には、犬が何らかのトラブルを起こした場合に危険を伴うことも多いので、十分な注意が必要です。

 

 まず、一つの乗り物を体験して大丈夫そうだったら、徐々に色々な乗り物に挑戦することができます。

 

 変わったところだと、メリーゴーランドやコーヒーカップ、観覧車など遊園地の乗り物でも、犬と同伴が可能なところもあります。

しつけの応用編


    PAGE TOP