「持ってこい」

しつけの応用編

 

 「ホールド」ができるようになったら、飼い主が投げたものを持ってくるゲームの練習を始めてみましょう。

 

 しつけの際には、遊びの要素を重視して、けっして強制的にならないように気をつけましょう。

 

 楽しく遊ぶことができれば、犬にとっては、肉体的にも精神的にも十分満たされるはずです。

 

  トレーニング法  

 

 このトレーニングでは、長めのリードを使用したほうがいいでしょう。

 

 飼い主は、立ったまま腰をかがめて、リードを握った手で犬の首輪をつかみます。

 

 そして、「オスワリ」の姿勢を保っている犬に、逆の手に持っているダミーをよく見せます。(ダミーは何でも構いません。)

 

 こうして、犬の目をダミーに集中させてから、離れた場所に投げます。

 

 飼い主は、おさえていた首輪から手を離し、それと同時に「持ってこい」と命令します。

 

 犬がダミーを追いかけて行ってくわえ上げたら、そこで「おいで」と声をかけ、呼び戻します。

 

 このときも、声かけと同時に自分の方へ招くように手サインをします。

 

 犬がダミーをくわえたまま戻ってきたら、ダミーを落とさないように飼い主が手の平で犬のあごを支えます。そして、たくさんほめてあげましょう。

 

 かなり難易度の高いトレーニングですから、ここまできたら、通常よりも大げさにほめてあげましょう。

 

 犬が戻ってきた途端、飼い主がダミーをすぐに離すように命令すると、犬は「せっかく取ってきたのに、取られてしまうのか」と思ってしまいます。

 

 すぐに取り上げたりせずに、しばらく間をおいてから「出して」と命令しましょう。

しつけの応用編


    PAGE TOP