リーダーの威厳を示す リーダーウォーク

しつけの応用編

 

 リーダーウォークとは、飼い主が主導権をとって、歩く(散歩)することです

 

 リーダーウォークのしつけを身につけると、散歩が快適で安全なものになります。

 

  トレーニング法  

 

 犬を飼い主の左側につけて、リードをたるませて持ちます。

 

 歩き出して、犬が前に出ようとしたら、すばやく反対方向にターンします。また、前に出ようとしたら同じことを繰り返します。

 

 犬が右に行こうとしたら、飼い主は逆の左方向に歩きます。

 

 これも同じように、飼い主が主導権をとり、犬が勝手に歩き出したら逆方向にターンします。 

 

 このとき大事なことは、向きをかえるとき、決して犬と目を合わせないことです。また、声をかけてもいけません。

 

 犬を完全に無視して、飼い主が進む方向を決めて歩きます。

 

 また、向きをかえる前に、リードで犬を誘導してはいけません。

しつけの応用編


    PAGE TOP