訓練所について

ジャンル別しつけ法

 

 愛犬のしつけを外部に頼む場合、数ヶ月ほど訓練士に預け、訓練をしてから家庭に返される「委託」という方法もあります。

 

 訓練所というのは、「○○警察犬訓練所」「○○ドッグスクール」などといった名称で、犬を預かって、訓練を施すところです。

 

 たいてい、ジャンパン・ケネル・クラブや日本警察犬協会などの団体には公認訓練士がいて、犬をだいたい半年から10ヶ月ぐらい預かります。

 

 預かっている間に、「マテ」や「オスワリ」などの基礎訓練から、競技会に出れるくらいの訓練をしてくれるところもあります。

 

 訓練所に預ける場合は、犬の健康管理、衛生面、訓練所の方針など、さまざま視点から選びましょう。

 

 注意点 

 

 訓練所で犬をしつける場合、返されてから「犬がいうことを聞かない」ということが頻繁にあるそうです。

 

 この場合、なかには忘れてしまった犬もいますが、訓練士のように対応すれば、教えられたことを思い出し、訓練当初の動きに戻ります。

 

  飼い主と訓練士とでは技術が違うのです。

 

 どんなに能力を持つ犬でも、引き出す人間がいなければ、その能力は永遠に眠ったままとなってしまいます。

 

 飼い主は、訓練所に預ける場合でも、犬の能力を引き出せるように、しつけの勉強は必要です。

ジャンル別しつけ法


    PAGE TOP