無駄吠えのしつけ

ジャンル別しつけ法

 

 犬を飼うときの苦情で一番多いのは、無駄吠えです。しかし、無駄吠えを直すのは、もっともむずかしいといわれています。子犬のうちに、しっかりしつけたいものです。

 

 無駄吠えをさせないことは、大事なしつけの一つです。

 

doc122-s.jpggum15_ti01015-s.jpg

 

 犬が吠えるには、理由があります。 吠えることの一番の理由は、恐怖心警戒心からです。

 

 子犬のときにしつけるなら、段階を踏んで焦らずにしつけましょう。

 

  子犬のころから多くの人や、物音、町の中などにならし、ささいな物音や知らない人におびえないようにしましょう。しつけを始める前に社会性を身につけます。

 

  この段階を終えたら、今度は何を訴えようとしているのかを、理解してやることが大事です。そのうえで「ワッカッタ」「イケナイ」などでやめさせます。

 

 子犬のころなら、すぐに吠えるのをやめますから、やめたときにはたくさんほめてやりましょう。

 

  「ワカッタ」「イケナイ」で吠えるのをやめ、なでてもらいに来るように、子犬のときにしつけます。吠え始めたときに根気よく繰り返します。

 

 タイミングが大事です。吠え始めたらすぐに命令しましょう。できた場合は、スキンシップを取りながらたくさんほめてあげましょう。

 

 「吠えるのをやめる」→「ほめられる」という経験をたくさんさせて、覚えさせましょう。

 

 この方法でうまくいかないようでしたら、服従訓練が不十分で、権勢症候群になっているかもしれません。自分がリーダーなので、なわばりを守ろうと必死なのかもしれません。

 

 この場合は、もう一度服従訓練を始めるか、成犬でしたらしつけ教室に通ったほうがいいかもしれません。

ジャンル別しつけ法


    PAGE TOP