ポイント ②叱るときには名前を呼ばない

しつけの前に

 

 叱るときについつい名前を呼んでしまいがちですが、犬の習性を考えるとあまり好ましい行為とはいえません。

 

 犬は、「名前を呼ばれる=叱られる」というように認識してしまい、名前を呼んでも戻ってこなくなってしまう場合があります。

 

 ほめたり、なでたり、食事のときなど犬にとっていい事が起きるときには、大いに名前を呼び、叱るときは名前を呼ばないようにしましょう。

 

 何を教えるときにも、○○をしたらいいことが起きた、と犬に認識させることが、しつけをする上で重要になってきます。

 

 ですから、飼い主は、普段から「ほめる(名前を呼ぶ)=いいことをした」 「叱る=悪いことをした」というしつけを徹底する必要があります。

しつけの前に


    PAGE TOP