ポイント ①一度出した命令は取り下げない

しつけの前に

 

 一度出した命令を取り下げることは、やめましょう。飼い主であるリーダーは、一貫した命令をすることが大事です。

 

 例えば、「オスワリ」と命令しているのに犬が座らない場合に、座らないからいいや、と一度出した命令を取り下げてしまうと、犬はこの命令には従わなくてもいい、と判断してしまいます。

 

 二度言っても命令に従わないときは、三度目は、その命令どおりにできるように犬を手伝ってみましょう。

 

 ただし、手伝ったとしても命令に従ったら、ほめてあげて下さい。

 

 また、「従わない、できない」という場合は、手伝ってあげればいいだけなので、ここでは絶対に叱らないようにしましょう。 

 

 生後6ヶ月ごろから一歳くらいまでは、犬は反抗期に入り、わざと命令に従わないことがあります。

 

 飼い主は、イライラせずに、二度命令に従わない場合には、三度目は手伝ってでもできるようにして、「できたらほめる」という作業を根気よく繰り返しましょう。

しつけの前に


    PAGE TOP