成犬になってからのしつけ

しつけの前に

 

 子犬が成犬に成長するのは、一歳になった頃だといわれています。なるべく、一歳までにある程度のしつけを終了しておきたいものです。

 

 成犬になっていからのしつけは、訓練所などでも2歳ぐらいまでが限度といわれています。

 

 犬も人間と一緒で、年をとるごとにものを覚えるのができなくなってきます。ましてや、性格や癖などを改善するのはとても困難でしょう。

 

 ただし、愛情を持ってしつければ、簡単なオスワリマテ程度なら覚えられます。焦らず、何度も繰り返し続けましょう。

 

 これまでに信頼関係が築けていれば、犬も覚えようとしてくれます。

 

 覚えておいてほしいのは、成犬になってからのしつけは、飼い主と犬、両方にとって負担が大きくかかるということです。

 

 成犬になってからしつけを始めると、あまりに精神的負担が大きい場合、ノイローゼに陥ることもあります。

 

 強制的なしつけは、虐待とみなされてしまいます。

 

 成犬になってからの、しつけは犬の性格や育ってきた環境にも左右されます。自信のない方は、訓練所しつけ教室に通うことをオススメします。

しつけの前に


    PAGE TOP