犬にとって快適な睡眠とは

飼い方の基本ポイント

 

 犬には、犬専用の寝床を用意しましょう。飼い主に完全に服従している犬でなければ、人間と一緒のベッドやソファーで寝かせるべきではありません。

 

 群れで生活する犬の社会では、ボスがいちばん居心地のよい場所を占領します。

 

 飼い主と犬の主従関係が、しっかりと確立していない場合に、ベッドやソファーにあげると、犬がリーダーになったと勘違いしてしまいます。

 

 飼い主がリーダーであることを示すためにも、別々に寝るようにしましょう。 主従関係がしっかりしていれば、犬はケージで寝ていてもストレスを感じません。

 

 犬が寝ている姿を見ていると、たまに寝言を言うことがあります。寝ながら、小さな声でほえたり、うなったりします。

 

 これは、犬が安心して寝ている証拠です。犬が安心できる場所で、とてもリラックスして寝ていることを表しています。

飼い方の基本ポイント


    PAGE TOP