ドッグフードの選び方

飼い方の基本ポイント

 

 ドッグフードを選ぶ際には、パッケージの表示を見て、着色料や保存料といった添加物が加えれているかどうか素材はどうか、といったことをチェックします。

 

 ドッグフードは、一つの製品だけでなく、数種類を交代に与えるのがベストです。

 

 こうすれば、ある製品に使われている特定の物質が、犬の体内に蓄積される危険が軽減されます。

 

 ドッグフードには、カリカリのビスケットのようなドライタイプ、やや水分を含んだ半なまのようなセミモイストタイプ、そして缶詰になったウエットタイプとがあります。

 

 基本的に、NRC(アメリカの国立研究審議会)やAAFCO(アメリカ飼育検査官協会)の合格承認試験をクリアしているものであれば、安全といえるでしょう。

 

 また、パッケージに、成分・内容量・与え方と量・製造年月日・賞味期限・原材料・原産国・製造販売主の名称や住所が明記してあるものを選びましょう。

 

 その他にも、賞味期限が6ヶ月以内で、賞味期限内に使いきれるものを選ぶといいでしょう。賞味期限の長期のものは、保存料などが添加されているものが多いようです。

 

 実際には、これらのチェックは面倒だと思いますので、獣医師の意見や、実際に犬を飼っている人の意見などを参考にしてみましょう。

飼い方の基本ポイント


    PAGE TOP