間食とおやつ

飼い方の基本ポイント

 

 犬が健康に育つための栄養は、毎日の食事から得るようにします。

 

 ドッグフードでも手作りでも、その中できちんとした栄養や摂取エネルギーが計画的にとれていれば、原則として間食やおやつは必要ありません。

 

 頻繁におやつとして間食を与えると、毎回の食事に影響が出たり、肥満の原因にもなりかねません。

 

 とくに老犬の場合は、もともと基礎代謝が低いうえに、運動量も減るため栄養の取りすぎに注意が必要です。

 

 基本的には、健康な成犬には、おやつとして間食を与える必要はありません。

 

 人間と同じように、間食の習慣をつけてしまうと、栄養が偏ってしまって病気にかかりやすくなってしまいます。

 

 しかし、現実的には、完全栄養と表示されていても、完璧な「完全栄養食」はほとんどありません。

 

 そう考えると、その不足分を補う意味で、栄養補助食品をおやつとして与え、犬の健康を保持することは意味のあることになります。

 

 ただし、あくまでも栄養は、毎日の食事からとるようにして、おやつは、栄養が偏った場合に限って与えるようにしましょう。

 

 そのようなときfでも、クッキーやケーキなど人間のおやつは、絶対に与えないようにしましょう。

 

 犬用のスナックなどのおやつは、ペットショップなどに、たくさん種類が置いてあります。年齢や犬種に合わせたものを購入するようにしましょう。

飼い方の基本ポイント


    PAGE TOP