犬の抱き方

飼い方の基本ポイント

 

 犬を上手に抱くには、犬の体を安定させることが大切です。ずり落ちそうな抱き方をすると、犬は不安定になり、暴れてしまいます。

 

 抱き上げるときは、犬の前足だけを持たず、わきの下を両側からしっかりと支えます。

 

 そして、犬の体を人間の体にぴったり固定します。後ろ足を手のひらに包むようにすると、より安定します。

 

 子犬の目線が、人間より上の位置に抱いてしまうと、犬は「自分のほうが偉い」と勘違いしてしまいます。ですから、子犬の目線は、常に人間より下になるように抱きましょう。

 

 はじめは、「いい子だね」と声をかけながら、優しく抱きます。抱いている間は、ずっと声かけをすると犬は安心します。

 

 ただ性格によっては、人間に抱かれたりするのが嫌いな犬もいます。

 

 とくに、誤って床に落とされる経験をすると、怖くて抵抗するようになります。慣れるまでは、慎重に優しく接してあげましょう。

飼い方の基本ポイント


    PAGE TOP