ノミやダニを駆除する方法

お手入れ

 

 犬の体にノミやダニなどの外部寄生虫がついたら、すぐに駆除することが大切です。

 

 犬ノミは大量に繁殖すると、ノミ取り首輪くらいでは効かなくなります。

 

 ノミ取り用のくし、ノミ取りシャンプー、ノミ取り粉、ノミ取りスプレー、ノミ取り首輪、飲み薬、滴下式ノミ駆除剤などを駆使して、何度もくり返し使用してみましょう。

 

 これらのノミ駆除剤をは、肌に合わない場合もあるので、獣医師に相談してから使用するようにしましょう。 

 

 シラミの場合は、ノミ取りシャンプーでの洗浄とノミ取り用のくしで、何度もとかしたり、すいたりする必要があります。

 

 ダニがついた場合は、ピンセットで丁寧に取り除き、取ったダニの後始末もきちんとします。

 

 この他にも、垂れ耳の犬によく見られる耳ダニは、耳の中を普段からきれいに掃除してやることで未然に防ぎます。

 

 犬が頭を振ったり、かゆがったりしたら獣医師にみてもらったほうがいいでしょう。専用の薬液で、耳ダニを駆除することになりますが、慣れない犬は嫌がります。

 

 このようなときのためにも、子犬のうちから耳の掃除に慣れさせておきましょう。

お手入れ


    PAGE TOP