アメリカン・コッカー・スパニエル

犬図鑑

doa005-s.jpg

 原産: アメリカ

 

 先祖は、イングリッシュ・コッカー・スパニエルです。17世紀に、イギリスの移民たちとアメリカに渡ってから改良され、その後、アメリカンイングリッシュに区別されるようになりました。

 

 鳥猟犬としては、最も小柄ですが、頑丈な体つきをしています。長く垂れ下がった耳と、絹のような被毛がチャームポイントです。

 

 先祖のイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、ヤマシギ(ウッドコック)狩りの名人で、ここからコッカーと名づけられました。

 

 性格は、陽気で活発、鳥猟犬だったためか無駄吠えもしません。もの覚えがいいので、しつけで苦労することはなさそうです。

 

犬図鑑


    PAGE TOP