ポメラニアン

犬図鑑

doa079-s.jpg

 原産: ドイツ

 

 フワフワとした豊かな被毛が魅力的なポメラニアン。ポーランドとドイツの国境近く、ポメラニア地方出身の犬です。ビクトリア女王に寵愛されていたことでも有名です。

 

 ポメラニアンは、スピッツ種で、スピッツ種の中では一番小柄です。かつては、牧羊犬として活躍していました。

 

 性格は、小型犬特有の騒がしさがあり、好奇心旺盛でいたずら好き、よく吠え、子供を咬むこともあります。

 

 ただし、主従関係を把握させ、きちんとしつければ、飼い主には従順になつきます。

 

 被毛は、伸びるのが遅く、生後2年くらいするとやっと生えそろいます。子犬の頃から、トリミングをして形を整えます。毛玉になりやすい被毛なので、こまめなブラッシングが欠かせません。

犬図鑑


    PAGE TOP