ペキニーズ

犬図鑑

doa073-s.jpg

 原産: 中国

 

 中国の皇帝から愛され、長い間、人目に出ることもなく宮廷生活をしていました。世界のお目にかかることになったのが1860年のアヘン戦争後のことです。中国に侵攻したイギリス軍によって北京から連れ出されてきたそうです。

 

 ライオンのようなたてがみがあり、全身が被毛に覆われむくむくした印象ですが、意外とがっちりとした体型の持ち主です。

 

 猫のような性格といわれ、独立心も強く、攻撃性もあります。ただし、いたずらするようなことはなく落ち着いた性格も持ち合わせています。

 

 注意点は、口の奥にある軟口蓋が長いので、呼吸困難になるほど呼吸に苦しむことがあることです。獣医師に見せるなどして、対処しましょう。

犬図鑑


    PAGE TOP