室内犬か屋外犬か

飼う前に知っておこう

 

 日本の住宅事情と気候のせいもあって、犬を屋外で飼う人もいますが、事情が許すかぎり室内で飼うのが理想的です。以前は、室内犬と屋外犬をわける考え方がありましたが、現在では、犬の大きさや種類にかかわらず、全ての犬を室内で飼う考え方に変わってきました。主な理由は、二つあります。

 

 一つは、なんといっても犬の健康面です。

 

 室外には、常に風、雨、雪、雷、直射日光、外気のはげしい気温や湿度の変化など、険しい気候や猫や蚊などの外敵がたくさんいます。

 

 実は、こうした環境に常にさらされることは犬の病気の一因にもなっているのです。

 

 二つめは、犬は群れで生活する習性があるので、室内で飼うと犬がしつけやすくなるとともに、家族の一員としてより深い絆で結ばれる点です。

 

 室外で飼うと、飼い主が犬のいる場所へ行かないかぎり、犬の様子は見えませんし、また、ほんとうは「いけないこと」をしていてもその場所に飼い主がいなければ、注意することができません。

 

 また、衣食住を犬と一緒にすることで、犬の気持ちや感情をつかみやすくなります。これはしつけのときにたいへん役立つばかりか、犬の病気を早期に発見することもできます。

 

 でも、家の事情により、室内で飼うことができない方は、環境を整えた上で外で飼うようにしましょう。犬にとって快適な小屋の場所、スペースを確保します。

 

 屋外犬を飼うときのポイントは、犬小屋を家族の見える場所、又は近くに設置することです。こうすることで、犬が家族の一員として確認ができて、犬は、安心して生活ができます。

 

 そして、犬小屋は直射日光が当たらない、また雨や風が吹き込まないようなるべく大きな屋根をつくるか、家屋のひさしの下に置きましょう。

 

 犬が十分に体が伸ばせる程度の、余裕のある大きさの犬小屋を用意しましょう。こうした犬小屋への配慮は、子犬が家庭にやってきた日から必要で、その広さは、子犬が成犬になったときの大きさを考慮したほうがいいでしょう。

飼う前に知っておこう


    PAGE TOP