オスかメスか

飼う前に知っておこう

 

 初めて犬を飼うとき、オス犬を選ぶ飼い主さんが多いようです。これはメス犬には妊娠・出産があるので面倒だというのが理由です。

 

 子犬でも、オス犬はホルモンの関係で、オス犬としての性格を持って生まれてきます。

 

 一方、メス犬は、発情期をむかえるまでは、比較的中性的な行動をとるといわれています。

 

 成犬になると、性別によって行動の違いが顕著になってきます。オス犬は、一般的に他の犬に攻撃的な行動をとったり、自分のなわばりを守ろうとする意識を強く持ち、行動も活発です。

 

 メス犬は、出産や育児の時期を除けば、一般的にオス犬よりも穏やかで、辛抱強く、しつけも容易な傾向がみられます。

 

 ただし、オス犬とメス犬の違いは、避妊手術や去勢手術によって緩和されます。

 

 ですから、あまり意気地にならなくても良さそうです。

 

 覚えておきたいのは、オス犬の方が本能に忠実なので活発で行動的、メス犬の方が穏やかで忠実なことです。

飼う前に知っておこう


    PAGE TOP