もらう

手に入れる方法

 

 犬を手に入れる方法で、最もお金がかからない方法がこの方法ではないでしょうか。犬をもらうことは、渡す方も譲り受ける方も責任をもって引き継ぐようにしましょう。

 

 ① 知人からもらう

 

 知人や友人などから、犬をもらう場合、注意しなければならないのはやはり健康面です。

 

 とくに子犬の場合、先天性の病気の有無、ワクチンの接種、保険など、前の飼い主に確認しておく必要があります。

 

 また、ある程度大きくなった犬だと、いきなり生活習慣が変わると、適応するのに時間がかかるので、ゆっくりとパートナーとしての信頼を築きあげる必要があります。

 

 ② 保健所や愛護団体から譲り受ける

 

 飼い主が飼えなくなり、保健所に収容されたペットの多くは処分されてしまいます。

 

 ただし、そこで里親として新しい飼い主が見つかった場合に限り、処分を免れることになります。

 

 通常は、各地区の保健所や動物愛護センターなどへ問い合わせれば、里親のなり方や、引き取り方法を教えてくれます。

 

 動物愛護団体や民間ボランティア、動物病院でも犬の里親探をしているところがあります。申し込む場合、最も簡単な方法はインターネットです。

 

 様々な動物愛護団体や民間ボランティアのホームページでは、里親募集の情報を提供しています。

 

 ただし、これらの里親制度では、飼い主が飼育を放棄しないか飼い主として適正であるかチェックを行っています。これは、不幸な動物をこれ以上増やさないためですから、理解しておきましょう。

 

 またこの他に、各市町村や獣医師会が中心となって催す動物関連行事などでも、里親募集活動を行っていることがあるので、近くで開催していれば行ってみるといいかもしれません。

手に入れる方法


    PAGE TOP