犬の社会のしくみ

習性と行動学

 

 犬は、群れの中で縦社会を築いて生きる動物です。犬の社会では、相手に対して立場的に上か下かという順位決定を必ず行います。

 

 群れの上に立つ犬ほど力が強く統率力があり、何より群れを守る強い意志とリーダーシップが必要です。

 

 下の立場にいる犬は、自分よりも上の立場に立つ犬の命令に従わなければなりませんが、代わりに群れを守るという仕事はやらなくて済みます。

 

 ですから、下の立場にいる犬は、リーダーに守られているという安心感から、精神的に楽な生活が送れるというわけです。

 

 犬にとって、一緒に暮らす人間の家族は、群れそのものです。したがって、犬は家族の中で誰がリーダーで、誰が二番目なのか、しっかりと判断しています。

 

 また、知り合いの犬同士でも、自分より上か下かを常に確かめようとしています。飼い主が自分より下位の立場の犬を助けて、上位の犬よりかわいがろうとするのは、犬には理解できないことです。

 

 こういった理由から、犬には誰がリーダーなのかを教える服従訓練が欠かせないことが分かります。

習性と行動学


    PAGE TOP