発情期の後は、なぜ神経質になるの?

トラブル解決Q&A

 

発情期が終わった時期というのは、ホルモンのバランスが不安定なため、攻撃的になったり、トイレシーツをかきむしったりする行動が見られます。本能から、子犬を守る巣を作ろうと、いろいろなものを寝床に持ち込むこともあります。

 

避妊手術を受けていれば、このような行動はなくなるので、繁殖を考えれていなければ手術を受けたほうがいいかもしれません。

 

対策としては、以下のようなことが挙げられます。

 

 獣医師に相談する

 

愛犬が精神的に不安定になると、飼い主も不安になってしまうものです。こういった場合、獣医師に相談すれば、原因が分かり飼い主も安心できます。

 

 見守る

 

犬が神経質になっているのであれば、安定するまでの間見守ってあげましょう。

 

 リーダーであることを認識させる

 

もともと犬がリーダーであれば、発情期後はもっと支配性が強くなることがあります。発情期前に、服従訓練を行っていれば、このような行動は防げます。

 

トラブル解決Q&A


    PAGE TOP