愛犬が人を噛んでしまったが、どうすればいいの?

トラブル解決Q&A

 

 飼い主は、状況によっても異なりますが、飼育について相当の注意が払っていたことが証明されない限り、損害賠償責任を負うことになります。

 

 損害賠償の内容は、治療費のほかに、被害者やその家族が仕事を休まざるを得ない場合は休業損害、その他に慰謝料、病院への交通費などが、損害賠償請求の対象となります。

 

 このように、損害賠償を請求することは稀で、ほとんどの場合、当事者同士で済ませている場合が多いです。  

 

 支払う場合でも、、傷の大小はありますがだいたい治療費と慰謝料を含め、約10万円を払い示談にするというのが、飼い主の間では一般的な慣習のようです。  

 

 ただし、これは愛犬家どうしや、犬に対して好意的な人の場合に通用する慣習です。犬嫌いの人を噛んでしまったら、こうもいきません。

 

 条例などに従って処理し、賠償の支払いも必要になってくるでしょう。飼い主は、非常識な相手の要求に納得できなかったり、対応に困ったりした場合、弁護士を依頼したほうがいいでしょう。  

 

 このようなことが起こらないためにも、飼い主は日ごろから責任を持ってしつけをしましょう。

トラブル解決Q&A


    PAGE TOP