ピカソと犬たち

名犬物語

 

 ピカソほど犬と因縁深かった画家も他にいないでしょう。その作品でも、私生活でも、犬たちはとても重要な位置を占めていました。

 

 ピカソは、自分の犬たちを油絵やデッサンに描いていました。

 

 しかも、何枚かの絵におさまっている人物は、そのときどきの愛犬と驚くほどそっくりに描かれています。  

 

 犬たちは、勝手気ままにふるまうことを許されていて、アトリエにもよく入り込みました。アトリエが滅茶苦茶になりはしないかと心配する友人たちに、「犬たちは触っていいものと悪いものをちゃんと知っている」とピカソは答えたそうです。  

 

 1985年の油絵にはクリッパーが描かれています。

 

 これは、ピカソによる犬の肖像画第一号です。かわいらしい小さな雑種の元気はつらつな様子が描かれています。  

 

 ピカソは、晩年まで犬を飼っていました。お気に入りは、アフガン・ハウンドという犬種でフランスでは珍しい犬種なので、いつも通行人の目を引いていたそうです。

名犬物語


    PAGE TOP